日別アーカイブ: 2021年4月1日

ル・クロ・ド・クロ「グリルモリタ」リニューアルオープン


本日から4月,東心斎橋店が生まれ変わります。

食べて泊まれるレストラン!

ル・クロ・ド・クロの洋食がスタート!します。シェフ中元の心がこもった洋食をご用意しております。

ご挨拶。

✨ル・クロの決意✨
昭和23年創業の老舗洋食店
グリルモリタ
先人の叡智とお客様の愛で育まれた洋食店のオーナーシェフ、駒井洋一さんが亡くなられたは昭和55年
今から40年前の事
その後、娘である玲子さんに継承されたお店も、原点に戻るため一年半以上閉店し、そこからグリルモリタのエスプリを理解する料理人をずっとずっと探していたそんな時
私、黒岩と出逢いました
先代が大切にしていた場所でグリルモリタの『思い』を継承して欲しいと望んでいた玲子さんでしたが
私は一年以上迷いながらも意思(意志)決定には至りませんでした
何故なら創業72年の洋食屋を継承すると言う事は、中途半端な気持ちで引き受けては無責任であり
このエスプリを幸世(後世)に残す事を約束する事になる
その「決意」には余程の覚悟が必要でした
それにあくまでも、私達、ル・クログループはフレンチであり
社会に貢献できる飲食事業❎福祉事業をしています
そんなある日、若手のシェフ(中元)が『将来、洋食屋をやりたい!』と
言ってきました!
もしも私がグリルモリタを復活させたのちに彼が継承するのであれば、これは創業100年も可能だと感じ
ました!
この先代から受け継がれて来た!
『グリルモリタ』のエスプリを復活させよう!
そして
『グリルモリタの伝統と味』を守って行き、100年目の架け橋になろう!
先代のオーナー達が創り上げたグリルモリタの看板を社会貢献に繋げる事は「私しか出来ない!」と言う使命を確信しました
私達、ル・クログループが先行してユニバーサルデザインを目指すレストランを展開し、飲食サービス業と福祉事業のユニットでダイバシティ(個を活かす)の環境を創り、インクルージョン(多様性を認める)を起こす
そして何よりも玲子さんのグリルモリタを社会の為に活かして欲しいと言う『思い』とル・クロの目指す社会性が繋がったのです
飲食サービスの枠を超えて
グリルモリタの『思い』を継承し
ル・クロから新しい風を起こす『決意』です
令和3年 4月1日
     ル・クロ
       黒岩 功